2008年03月04日

わたしいまめまいしたわ

近代美術館に行ってきました。

入館料が無料だったのよ。


わたしいまめまいしたわ


回文タイトル。

わたしはわたし。
鏡に映ったあなたは、たぶんわたし。

我思う故に我あり。
一つ目の「我」と2つ目の「我」は同じはずなのに、観測者としてのわたしと、被観測者としてのわたしがいて。

鏡がなければ、バラバラにに映るわたししか見えない。

わたしの境界線って、わたしには見えないのかもしれない。

というような、アイデンティティがテーマの展示。

自と他。
その境界の不安定さ。
それでも存在するわたし。


ちょっと青いテーマなのかもね。

わたしには丁度良いテーマなのだけどね。



久しぶりに絵をゆっくり見た。

藤田嗣治さんの自画像もあって。

久しぶりに見たけれどやっぱりすてき。
藤田さんの線は好き。
とても魅力を感じるのです。

あの頃の藤田さんの線は、すらすらと、瑞々しく流れているようなのです。



話は戻って。
こういうテーマが取り上げられるのって、近代美術だからなんだろね。

ゆとり、なのかな。
もしかすると、隙間なのかもしれない。
迷いを感じる作品が多かった。


男の人のほうがそんな迷いを形にしてしまうのかな。
迷いながら形にしたのかな。

もやもやを形にしたような、女々しさを感じる作品が多くて、わたしのことを言われているようで嫌な気もした(笑)


女の人の作品のほうが見ていて気持ちよかった。


何なのかなぁ、あのもやもや。
知ってるもやもやのはずなんだけどな。


あっという間に今年も3月。

だんだんと温かくなって、
花粉症がちょと苦しいけど、
お散歩しやすい季節。

始まりの季節。

美術館も展示がたくさん始まる。

ゆったりと色々見に行こう。
【関連する記事】
posted by まさひろ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。