2008年09月04日

できました 〜 theo vinGtage(テオ ヴィンテージ) 〜

前にお話してた、新しいメガネが出来ました。

出来上がってからだいぶ経ったので、掛け心地なんかも。

さて。

まずはこちら。
080904_0203~0001.jpg
普通のtheoのメガネケースです。

では、開けてみます。
080904_0203~0002.jpg

242 Theo vingt + cinq
これが今回のメガネ。
ちょこっとレトロなデザイン、のはず。
080904_0212~0001.jpg

ケースからだしてみたところ。
080904_0204~0001.jpg

色は完全な黒ではなくて、少しグレー。
でもって、ちょこっとグリーンが入っているように見えますが、
イエローの補色による錯覚かもしれません。

080904_0205~0001.jpg

このシリーズはいくつか型の違うものがあって、
それぞれこの角の部分のデザインが違います。
080904_0206~0001.jpg

cinqはハート型。
080904_0210~0001.jpg


後ろ側から見たところ。
080904_0207~0001.jpg

フレームは2枚の構成になっています。
080904_0208~0001.jpg

こんな感じでネジでとめてあるのです。
使っていると緩んでしまうことがあるようなので、
そのときは精密ドライバーで締めてあげましょう。
080904_0209~0001.jpg


メガネの大きさの比較。
手前が今回のTheo、奥がロバートマークです。
080904_0215~0001.jpg

ぱっと見だと、掛け難いように見えるみたいですけれど、
とっても素敵なデザインのおかげで、
TPOをあまり選ばずに掛けられます。

普段のお仕事のときにも、スーツにこれを掛けていったりしています。
ネクタイの色味を黄色っぽくしてあげたりすると、素直に馴染んでくれました。

フレームも重さがありそうに見えるけれど、
掛けてみるとそんなことないです。

セルフレームになれている人なら、
同じくらいに感じるのじゃないかな。

メタルの細いのを掛けてきた人は、
ちょっと重く感じるかもしれません。

ということで、とても使いやすいメガネくんです。
・・・他の色でももういくつか欲しくなってます。

あ、一つ補足。
写真にもあるように、フレームのカーブが少ないので、
レンズは非球面レンズでないと難しいです。
レンズを選ぶ際には参考にしてくださいませ。
【関連する記事】
posted by まさひろ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105983502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。