2008年09月27日

一会

DSC_0240.jpg


ちいさな旅。

自転車と、カメラと、わたし。

石垣島へ。


理由なんてなくてね、
行きたいと思った。

引き金は、きっと寂しさ。



海に潜ることも
山奥に踏み入ることも
しなかった。

ちょこっとは、したんだけれどさ。


でもね、行って良かったよ。


昼は目の前にある世界と。

夜はそこに集まる人たちと。





書きたいことは沢山あって。

けどね、どうしてもその前に一つ残したくて。


その想いをこの言葉にこめて。



一会のとうとさ。



この旅で、私の心に浮かんだ言葉。


必ずまた行きますね。
posted by まさひろ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

石垣へ

明日から、ちょこっと石垣の方へ。

ちょこっと天気が良くないみたいだけれど、
のんびりとした空気を感じられたらいいな。

DSC_0004.jpg

写真はこの前の九十九里。
posted by まさひろ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

木陰

080917_1224~0001.jpg

涙が溢れた。

夏の終わりの昼下がり。

流れる風は静かで、ゆっくりと秋めいて。

微睡み。

ありふれた風景のなかで、涙が溢れた。



涙をつないでつくるもの。

つなぐ糸は、あなたのあしあとで、
出来たものは、あなたの心のあしあと。


風が、気持ちいいね。
posted by まさひろ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

暴力的なピザ

ちょこちょこ、仕事の帰りにバーでご飯を食べたりしてます。

ふらっと寄り道な感じ。


いつもよりも少し早く帰れて。
お腹もすいてたので、寄り道。

でね、とても美味しいものを食べたのです。

タルト風のピザ。
一人で食べきれちゃうサイズ。

フルーツトマトとフォアグラと、ちょこっとドライプラム(?)が乗ってて。

「お好みで、はちみつ、ピーナツオイル、ペッパーをかけて召し上がってくださいね。」と。


久々にすっごく美味しい物を食べました。

フルーツトマトの甘酸っぱさと、
フォアグラのコクが口の中に広がって。。。

ピーナツオイルをかけちゃったりするとコクonコクでたまりません。


「夜にいらっしゃる女性のお客様からは、もうこれは暴力だよね、と言われたりしますけど」


ね、確かに素敵なカロリーですよね。

でもさ、美味しいんだもの。食べちゃいます。
posted by まさひろ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

なみおと

海にいくことは少ないのだけど、

なんだか海が見たくて。

浜辺のないところは嫌だったから、
ちょっとだけ遠くへ。

img047.jpg


波の音に、嫌な気持ちが流されて。

少しだけ、忘れさせてくれました。
posted by まさひろ at 02:05| Comment(1) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

丁寧に

「言葉」って、
こうしてPC越しにしてしまうと、
ちょっと堅苦しい。


見た目がカクカクなんだもん。


だから、
お気に入りのペンと紙。


下手くそな字だけどね、
気持ちが見えてくる。


泣きたいときに書いた。

歌いたいときに書いた。

嬉しいときに書いた。

言葉の向こうに私を見つけ。


懐かしさをいくつも見つけて、
後悔して。


苦しくて、消しゴムを手にした。


強くなりたいって願った。


優しくありたいって願ってる。
posted by まさひろ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

髪切って

ぽてぽてと、髪を切りに出て。

『どっか行ってきたの?』
「うんにゃ、髪切りにきた。」
『手ぶらで?』
「手ぶらで。」

大抵バッグ持って、どこか出かけた流れで切りにいくことが多くて。

久しぶりに
『やっぱり変だよねぇ』って言われた。

で、そうじゃなくて。

次に髪切りに行くときまでに1.5キロの減量を美容師さんとお互いに誓ったので、忘れないように。
posted by まさひろ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

リグレト

ほんのちいさな一言。

偽善的って言う人もいると思うけれど、
それでも救われる人もいる。

リグレト。

http://rigureto.jp/


私にも何かできますか。
posted by まさひろ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

できました 〜 theo vinGtage(テオ ヴィンテージ) 〜

前にお話してた、新しいメガネが出来ました。

出来上がってからだいぶ経ったので、掛け心地なんかも。

さて。

まずはこちら。
080904_0203~0001.jpg
普通のtheoのメガネケースです。

では、開けてみます。
080904_0203~0002.jpg

242 Theo vingt + cinq
これが今回のメガネ。
ちょこっとレトロなデザイン、のはず。
080904_0212~0001.jpg

ケースからだしてみたところ。
080904_0204~0001.jpg

色は完全な黒ではなくて、少しグレー。
でもって、ちょこっとグリーンが入っているように見えますが、
イエローの補色による錯覚かもしれません。

080904_0205~0001.jpg

このシリーズはいくつか型の違うものがあって、
それぞれこの角の部分のデザインが違います。
080904_0206~0001.jpg

cinqはハート型。
080904_0210~0001.jpg


後ろ側から見たところ。
080904_0207~0001.jpg

フレームは2枚の構成になっています。
080904_0208~0001.jpg

こんな感じでネジでとめてあるのです。
使っていると緩んでしまうことがあるようなので、
そのときは精密ドライバーで締めてあげましょう。
080904_0209~0001.jpg


メガネの大きさの比較。
手前が今回のTheo、奥がロバートマークです。
080904_0215~0001.jpg

ぱっと見だと、掛け難いように見えるみたいですけれど、
とっても素敵なデザインのおかげで、
TPOをあまり選ばずに掛けられます。

普段のお仕事のときにも、スーツにこれを掛けていったりしています。
ネクタイの色味を黄色っぽくしてあげたりすると、素直に馴染んでくれました。

フレームも重さがありそうに見えるけれど、
掛けてみるとそんなことないです。

セルフレームになれている人なら、
同じくらいに感じるのじゃないかな。

メタルの細いのを掛けてきた人は、
ちょっと重く感じるかもしれません。

ということで、とても使いやすいメガネくんです。
・・・他の色でももういくつか欲しくなってます。

あ、一つ補足。
写真にもあるように、フレームのカーブが少ないので、
レンズは非球面レンズでないと難しいです。
レンズを選ぶ際には参考にしてくださいませ。
posted by まさひろ at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

泣き言

また、苦しいんだ。

吐き出してしまいたいことがあるのだけど、言葉にできなくてさ。
このごろずっと、イライラしちゃってる。
嫌な人に見えてるんだろうな。

少しずつでも、優しくなれたら。



人をね、好きになることがあったんだ。

最近さ、ほんとはそうじゃなかったことに気がついちゃって。

「力になりたい」とか「守ってあげたい」とか、そういう言葉ってあるでしょう。
なんとなく、同じことなんだろなって思ってたんだけど、ふと。

「力になりたい」という言葉の裏側には「必要とされたい」という想いがあったの。
「守ってあげたい」という言葉の裏側には「そばにいたい」という想いがあったの。


そんな想いを誤魔化してた。

悪いことじゃないとは思う。

考え過ぎなのかもしれない。

当たり前のことなのかもしれない。




私がここに何かを残し始めたとき、誓ったこと。


強く優しい人でありたい。


傷つけたくなかった人を傷つけて、失いたくなかったものを失って、
残ったのはからっぽで、ろくでもない私だけだった。


自分を支えられるものが何もなくなって、ずるずると這いずり回って。

嫌になるくらい俯いて足下ばかり見てたら、そこにあった大切なものを沢山見つけた。

ばかみたいに涙を流した。


感受性。

あなたと私の間に心を感じるときがある。
私の中に心を感じるときがある。

でも、心って、どこにあるのかわからない。
いつ生まれるのかも。


でもね、心は殺せることを知っている。

私の心は、ずいぶん前に死んでしまった。
殺したのは私。


死んだ心は、他人の心を傷つける。



傷つけたくなんてない。

人に触れないよう、一人になって。

でも、自分を支える方法がなくて。

悔しくて、情けなくて。

泣きたいけれど、死んだ心では、涙を流すこともできなくて。


だからね、強くなんて、ないんだよ。
posted by まさひろ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | わたしのかけら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。